おかしな人々、とつれづれなる日々。
南国で暮らすぷーの、のんびりな日々。 そして少しおかしな、まわりの人々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トルコ旅行記5 ~洞窟住居、チャイとバアちゃんと時々マネーゲーム~
2008年 11月 26日 (水) 21:07
<前回までのあらすじ>
世界遺産・カッパドキアの大地で、
奇岩群に感激し、巨大な地下都市に驚愕した我々。
驚きの旅はまだまだ続くのです…。




地下都市から地上へ戻り、新たなる場所へ移動。
どこまでも青い空をバックに、またも不思議な景観が姿を現す。

何コレ、宮○駿の世界!?


上部に沢山あいた穴はハトの家で、
たまったハトのフンを肥料にしているんだとか。
(…てことはあんな上までわざわざフン取りにいくの!?)

キャッホ~イ!!\(@∀@)/
テンション上がって、色んなポーズで写真撮りまくりです (>▽<)ノイエーイ!
すると同じツアーの参加者、関西人マダム・Hさんが
「ちょっと待ったぁ~!」と参戦してきます。

「そのポーズええわ!そのまま!そのまま一緒に撮ろ!」

「え…はっ、ハイ」(; ̄▽ ̄)ノピタッ

皆そろってハイ、チーズ
そんなこんなで、ここではお見せできない色んなポーズが生まれました
3toruko2.jpg
固い岩のはずなのに、とってもなめらかな感じv



さらに歩いているとこんなものが…
3toruko3.jpg
そうそう、鳥よけの目玉…ってコラッ!(ひとりつっこみ)

そうじゃなくて、青い瞳の
外国版・目玉のおやじ…ってまたまたコラッ!!(さらにひとりつっこみ)


正解は、ナザールボンジュウというトルコのお守り。
『トルコでは悪意を持った視線(邪視)によって災いが降りかかると信じられている為、
その視線を跳ね返す目玉をお守りにしている』
のだそうです。


色は綺麗なブルー。
空の神様の色です。

ちなみにトルコブルーと言うほど、トルコと青色は関連が深いのですが、
国旗の色は赤なんですよね~。
tkokki.gif
三日月はオスマントルコの象徴…だとか、
キリスト教徒を破ったコソヴォの戦いの時の血の海に映った三日月と星を国旗とした…とか、
由来・伝説はいくつもあるみたいです^^;



話が少しそれましたが…
これから洞窟住居に実際住んでいる老夫婦宅を訪問です!
3toruko4.jpg
途中、遺跡ですっかりくつろいどる二人組を発見☆(わかります?)



3toruko5.jpg
さあ、お邪魔しちゃいますヨ~!
突撃!となりの晩ご○ん!!




…おじゃましま~す。
わぁ~っ!綺麗な白い壁
3toruko7.jpg
小さくてかわいらしい、やさしい老夫婦が我々を迎えてくれますv(*´∀`)


おばあちゃんがチャイ(紅茶)でもてなしてくださり、
おじいちゃんのお話をききます。
綺麗でかわいいお家だけど、世界遺産地域内にあるので、
勝手に改装したり売ったりしてはいけないんですって。



そして、横の壁一面に飾ってあった大きな絨毯について教えてくれました。
その大きな絨毯は、おばあちゃんがお嫁に来た時に
自分でつくってもってきたもの。


おばあちゃんはずっと絨毯作りという細かい作業をしてきたためか
もう(近くは)目があまり見えないので、今は作るのはしていないとのこと。
でも、お嫁入りの時に作ったその絨毯は、
色あせることなくそのままの姿でしっかりそこに残っているのです。


色あせない絨毯、色あせることのない二人の思い出…Brilliant
やさしいお二人の顔をみていたら、なんだかじ~んとしてしまいました(*´艸`*)



その後、寝室からの眺めもみせていただく。
3toruko6.jpg
寝室からの眺めがこれですよ!
すごい物件でしょ!(笑)



洞窟住居を堪能しておいとましようとすると、
玄関(?)近くの長机になにやらズラリと並ぶものが。

かわいらしいアクセサリーやレース編みや
綺麗な刺繍のカバーなどなど…
素敵小物がた~くさん!%82k%82n%82u%82d

「おばあちゃんが一生懸命つくりマシタ」
よかったらドウゾ、とガイドさんが薦めます。

みんなでワイワイ盛り上がりながら、私は2点購入♪
マダムたちは一人で5点とか買っていました!



いや~、いい景色も見れたし、
かわいいおばあちゃんの手作りの品も買えたしよかったねェ…♪
と、満足してバスに戻りながらふとあるセリフが気になった。



どれどれ、記憶を巻き戻し巻き戻し…。



……ずっと細かい作業をしてきたから…。




『おばあちゃん、もう近い所は見えなくて絨毯作りしてない』
って言ってなかった?




絨毯作れないけど、細かいレース編みはできる???
できる???(=д=;)



しかも観光客は週に何回か訪れて結構な数を買っていく訳ですよ。



ばあちゃん、短時間で次々とあんな大量生産できる???





そういえば、長机の下にいくつか段ボールがあったよね。

…そのとき、私の中に怪しげな考えが浮かんだ。

3iyanasouzou.jpg

あああ、私はなんて心のケガレタ子なの!?
あんなかわいらしいじいちゃん、ばあちゃんを疑うなんて…(;゚ Д゚)



チガウチガウ…。
これはばあちゃんの手作り、チャ○ナ関係ナイ…%82%93%82%8E

沸き上がる疑念に無理矢理ふたをして洞窟住居をあとにしたのでした。





空には白いお月様が。
3toruko8.jpg




傾きはじめたお日様が世界遺産をやさしく赤く染め始めた頃、
我々はカッパドキア観光を終え、ホテルにむかったのでした。
3toruko9.jpg




次回、『あの伝説の品を手に入れるのは一体誰!?絨毯目利き十八番勝負!!』
をお送りいたします☆(うそです)
関連記事
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
>Mさん
Mさん、おかえりなさ~い!
お仕事おつかれさまでゴワした!(`へ′)ゞ!
お仕事大変だったんですね。
でも世界を飛び回っているMさんですもん、またトルコへ行く機会がありますよ!
その時はた~っぷりと満喫してくださいね^^

Mさん!Mさんの腕が悪いなんて、それこそ"悪い"冗談ですよ~(* ̄▽ ̄*)
しっかりとした技術をお持ちのMさんに「良いねー」と言っていただくと、
とっても嬉しいでゴワスv
ニコちゃんの標準レンズでのぞみましたが、ただシャッターを切るだけ…
トルコの美しい風景のおかげで腕もなにも必要ありませんでした(;>▽<)ゞ

お土産はメイド・イン・チャ○ナ…ではないと信じたいとます(笑)




>jackさん
悪い人はあんなやさしげな表情できやしないもの!
あのご夫婦は見た目そのままのかわいらしくていい人だと信じたい!
いや、信じよう!!
そうか…旅行会社とかそういう何かが…
ハッ!バックに黒い影が見えてきた…!?

あれはきっとメイド・イン・チ○イナなんかじゃない…
決してシルクロードを渡ってパンダの国からきた品なんかじゃないハズ!(笑)
2008/ 12/ 02 (火) 01: 01: 38 | URL | ぷー # JalddpaA[ 編集 ]
いや、違うよ!決してあのおじいさん、おばあさんは
悪い人じゃぁないんだよ!
目が見えないのだってきっと本当さ!(笑)
旅行会社とか、そういう奴らにいいように利用されているに
違いないんだよ、ウルウルウル・・・

ってこんなところにまで「メイド・イン・チャイナ」の段ボール箱がww
中国、恐るべし!!
2008/ 11/ 29 (土) 22: 58: 22 | URL | jack # c1a/7uNA[ 編集 ]
ぷーさん、帰ってきました
カッパドキアいいなぁ~
同じトルコに行きながら、イズミール以外どこにも行くことなくお仕事とお散歩だけの日々でした
それにしても写真が良いねー
カッパドキアの表情と青い空がよ~くでています!
カメラ君は?(腕の悪さを機材でカバーしようと画策するM)

ミーティング先の担当者が、欧米人はイスタンブールに寄ってそのまま帰ってしまう人が多いけど
日本人は、トルコ内陸の観光地も訪れてくれるから嬉しいといってたよ
そう、そしてメイドイン○ャ○ナのお土産を買っていってくれると・・・(なんてことは言ってませんでした)
2008/ 11/ 29 (土) 06: 19: 40 | URL | M # SFo5/nok[ 編集 ]
>shuさん
読み応えありました!?ありがとうございます(*´∀`)
こうしてブログに記すことで、自分の中でも整理できて良いです♪
アルバム作りと並行してブログアップしていきたいと思います。

不思議度120%、まさしく摩訶不思議アドベンチャーでございました☆
いつかshuさんも直にその目で確かめてみてください^^




>ひげさん
推理小説好きが高じて(?)すっかり裏を読みまくってしまいました。
ああ…もう清い心は取り戻せません…(^_^;)




>ウナムさん
わぁ~、よかった!
実はやわいもこもこ、「ローズバレーだった…?」
と確信が持てずにいました^^;
トルコ旅行の第一人者・ウナムさんありがとう!!(@∀@)・:*:・
またわからない場所があったら教えてください~(笑)

そういえば割と外国って適当なことが多いですね。
日本人ってしっかりしてるなあと思います^^;




>いづみんこさん
本当に摩訶不思議アドベンチャーの世界でした!
おかげで写真枚数が凄いことに…(笑)
そうそう、二枚目の写真は、
どうもクリーム系のまったり美味しそうな感じがしますよね!
ま…実際はがっついたら歯が折れてしまう、岩なんですけど…( ̄▽ ̄;)

昔、この地方の人々は空の神様を崇拝してたそうで、
その空の色の青は神聖な色なんだとか…。
トルコでは陶器や装飾、真っ青な綺麗なブルーが印象的です。

洞窟ホテルや、洞窟レストランもあるんだそうですよ♪
あんな世界遺産地域に住んでるなんて凄いなあ…と思いました。
(ただ改装もいちいち許可がいるというのは面倒ですけど…)

とうに真っ直ぐな心を捨ててしまったぷーは、
どうもよからぬ考えが浮かんできてしょうがありませんでした(=д=;)
でもおじいちゃんもおばあちゃんもとっても可愛らしかったのは本当ですv
この絵みたいな悪どい顔はしてませんでしたよ~!(笑)
2008/ 11/ 29 (土) 00: 43: 15 | URL | ぷー # JalddpaA[ 編集 ]
おぉ~!本当に宮○アニメの世界じゃ~!
ナウシカ~!!

二枚目の写真はアイスクリームみたいで美味しそ~う!
ってそんな感想かよって感じですねe-330

目玉おやじ・・・
じゃなくてお守りきれい~!
空の神様の色なんですね~本当にきれいなブルー☆


洞窟住居というのがあるんですか~!
あれ・・・家なんですね・・・すごい!

中は白くて可愛いですね♪
おばあちゃんのお話も素敵!

ただ・・・

私もぷーさんと全く同じ考えが頭に・・・


うぅ~私も心の汚れた女です(泣)

悪い顔のおじいちゃんおばあちゃんの絵にかなりウケました!!

2008/ 11/ 28 (金) 15: 08: 58 | URL | いづみんこ # -[ 編集 ]
駿的なやつは、お城でウチヒサル城っていいますね。
その下のやわこいもこもこの岩場はローズバレーだったかな。確か。
絨毯選びは・・・難しいよねw
トルコ人っていろんなとこが適当だったりします。
道路の修理の仕方とかすごいからw
2008/ 11/ 27 (木) 16: 51: 17 | URL | ウナム # A8BJpryA[ 編集 ]
亜・・・ぁ・・悪意のある目が・・・・。笑)
2008/ 11/ 27 (木) 15: 04: 55 | URL | ひげ # -[ 編集 ]
う~ん、読み応えありました。ナイスレポです^^
そして、どれもこれも不思議度120%な凄い景色。。^^;
是非行ってみたい…!
2008/ 11/ 27 (木) 10: 30: 56 | URL | shu # nL6A2.tM[ 編集 ]
>桃太郎さん
桃太郎さん、こんばんは^^
もう真夜中(3時などに…)に目を覚ましたりしてないですか~?

私も旅をしながらガイドさんが説明してくださることに興味津々でした^^
トルコは歴史的に色んな国の繁栄した場所なので伝説・由来も多いのでしょうね。
日本の日の丸の由来は何だろう?と考えてしまいました。

そうなんです。砂丘のようであれはかた~い岩なのです。
まったりと…ケーキのホイップクリームにも見えなくはないような。
そういえばどうやってあんな形になったのか聞くの忘れてました!^^;

お宅訪問はなかなか楽しかったです。
本当にお二人ともかわいらしくてニコニコと優しい表情で…v
ただ、ですね。
ちょっと…いや、もの凄~くひっかかってしまいまして…。
素敵な品なので買うのには何の問題もないのですが、
”おばあちゃんの手作り”と言われるとそれはちょっとどうか??
と勘ぐってしまった私です…。
きっと清い心をなくしてしまったので、もうトトロは見えません( ⊃д`;)ウウウ…

でもそんなモロモロも含めていい観光(?)ができました^^
2008/ 11/ 27 (木) 01: 10: 05 | URL | ぷー # JalddpaA[ 編集 ]
ぷーさん、こんばんは。^ ^
今日もほんとに興味深かったです!
たとえば”目のお守り”のお話ですとか
(私もお写真見た時に、鳥除けかと思いましたよ v )
国旗にまつわるお話など、知らなかったことばかりです。
砂丘のような景色ですが、こちらは固いんですね~
でも、丸いフォルムのせいでしょうか、本当に柔らかそうに見えますね。

そして、おばあちゃんとおじいちゃんのお宅を訪ねられたお話。
実は、私も読みながら、「ああ、いいお話だなぁ・・・」
「こうして現地の方の暮らしまで見せて頂けて、お話も聞かせて頂けるなんて、
良いツアーだわぁ・・・」なんて、感心してました。
 
ら???
むむむむ・・・確かに!v-219
ぷーさん、鋭いかもです。
そうですよね~・・・やはり商売ではないでしょうか?
(て、わたしも心ケガレタ子・・・いえ、オバちゃんかもです。ハイ。^ ^;)

う~ん・・・世の中、悲しいこと多すぎます・・・ネ。
2008/ 11/ 26 (水) 23: 44: 31 | URL | 桃太郎 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) おかしな人々、とつれづれなる日々。 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。